新潟県燕市 オリジナル金属製品の製造及び製造販売/プレス機械による部品製造、容器製造

TEL
0256-92-5392
FAX
0256-92-7007

HASHIKIN BLOG 橋本金属ブログ

2019.2.5

銅製品などの修理

金属製品の修理について

修理のご依頼について

取り扱いの材質は主に銅 真鍮 銀製品となります 樹脂の修理交換は不可。

古道具 アンティーク店 購入品の不具合は責任ある購入店へお問い合わせください。

販売目的の修理もお断りしております。

 

以前、金属加工業というだけで

破損したヤカンに 困り果てたお客様から 突然お願いされました。

他社に相手にされなくて なんとかして下さい。 亡くなった父の品ですと

 

そして現在にいたります。

 

お問い合わせの前に 購入時の説明書、パッケージなど保存されていないか確認してください

購入店 製品のメーカーなど(ロゴマークの刻印)を探してください。

お店や製造メーカーへ お問い合わせください。

上記に当てはまらない場合は お問い合わせください

 

メールにて対応しております

①製品の状態を確認するため画像を張り付け送信ください

②ご使用の年数 譲り受けてからの年数

③製造国 材質 サイズ

④ご希望の修理内容 破損状況

⑤過去の修理経歴

出来る限り詳しく教えてください。

 

修理内容や製品の状態によりお応えできない場合もあります

必要以上の品質 クオリティー 作業方法の指定にはお応えできません

製品の用途を満たす為の修理となります 代替品では賄えない 形見分けなどの品に限ります。

新品購入との ご検討の場合には 新品をお勧めします

★新潟県燕市 ケトルやかん 日本製を購入してください ★

 

お預かり期間について

通常業務の空き時間での手作業となります(職人さんの手の空いた時)

繁忙期の場合は半年程度 お待ち頂く場合があります。

 

メーカーが廃業されたり お困り時にはご相談ください。

国内 海外問わず対応をさせて頂いております 100年以上前のイギリス製 アンティークなども

事例があります。

製造業の町 燕市 技術、経験で修理出来る場合もありますが
初めて見る 大切な1つしかない製品に手を加える事のリスクは避けられません

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

2016.11.6

銅製品などの修理

事例no.93 千葉県

銅製やかん 年式不明 2.5Lくらい

預かりは右の画像

修理内容(3ヶ月) 特に不具合はなく クリーニングです。

柔らかい色で好きですが 磨きます

完了は左画像 内部の汚れ除去で綺麗になりました。

外観は手彫りの装飾で和柄が見えるようになりました。

 

2016.11.5

銅製品などの修理

事例no.92 静岡県

銅製のコーヒーポット

年式不明 左画像 かなり使い込んでます。

修理内容 全てを綺麗にする(中、外 汚れ除去 艶出しと再メッキ)

メンテ後は右画像です。

2016.10.29

銅製品などの修理

事例no.91 千葉県

銅製の茶筒 年式不明 昭和時代

本体は銅製 中蓋は真鍮

修理内容 (2か月)

画像左の状態から 凹みと汚れ取りの作業です。

綺麗になり喜んで頂けました

幼い時からあった 馴染みの品だそうです。

 

2016.10.19

銅製品などの修理

事例no.90 長野県

長野県から修理依頼

年式不明 手のひらサイズ

とても気に入ってる急須だそうです。 最初に富山県 高岡市へ問い合わせたそうですが

新潟燕市を進められたそうで お問い合わせ頂きました。

右側が届いた時 材質も分からない状態…そもそも金属 土器?

希望内容は中の汚れ除去 持ち手 弦がありません…

弦は無いので 作る事に オリジナル手作りで製作(勝手にデザインします)

金属板はチープなので 適度な厚みを出しました。フタのツマミ 鈴細工も付け直し

内部の汚れもとり(長期間の手作業 繊細な肉体労働 的な) 結果 材質は銅が判明。

左画像で完了。 外観の汚れはご自身でチャレンジするそうです。

 

2016.9.21

銅製品などの修理

事例no.89 新潟県

年式不明 引き継いで3代目以上 子供の頃からそばに 古すぎて知らないそうです。

修理内容 注ぎ口のとりつけ

地元の隣町 三条市から持ち込み頂きました

色が変わってしまいましたが 自然に馴染んでいきます。

2016.9.15

銅製品などの修理

事例no.88 神奈川県

年式不明 約30cm しゃぶしゃぶ鍋

修理内容 鍋底が熱疲労により破損 右の画像

飲食店で使用されています 毎日使うので状態は綺麗です

ガス火を受ける部分は一番負荷がかかる部分で強度が落ちて弱くなります

外れた火受けは薄くなり 再度取り付けても その場しのぎで 直ぐに壊れる予定。

同じ形状の物を新たに取り付ける方法しかありませんが 廃盤で部品がありません

採寸して 部品を作り取り付けました。

何度か同じ修理を他でしたようでした 今後の事も考慮して破損した銅板の5倍の厚み

取り付けました。

業務用サイズ 銅製しゃぶ鍋 受注後の生産をします お問い合わせください。

2016.9.7

銅製品などの修理

事例no.87 東京都

銅製のやかん

年式不明 サイズ約1.5

修理内容 木製部品 ふたのツマミが破損し紛失    持ち手は古く危険

両方を新品に交換しました。

ご依頼の方の都合により 画像は無しです。

2016.9.2

銅製品などの修理

事例no.86 岐阜県

年式不明 年代物 真鍮製 手の平サイズ

修理内容 内部の汚れ取り

左画像は修理前 最近、お湯を沸かしてお茶を飲むと美味しくないので

内部を綺麗にして欲しいとの事でした。

古い製品で汚れの付着状態が強く 取り除くには非常に大変でした。

この程度の場合は多少の黒ずみは残ります

2016.8.4

銅製品などの修理

事例no.85 東京都

年式不明 母から受け継いだ大切なやかん

修理内容 注ぎ口の取り付け、凹み、内部と外観を綺麗にしました。

左画像は修理前の画像 右は作業後です