新潟県燕市 オリジナル金属製品の製造及び製造販売/プレス機械による部品製造、容器製造

TEL
0256-92-5392
FAX
0256-92-7007

HASHIKIN BLOG 橋本金属ブログ

2016.11.5

銅製品などの修理

事例no.92 静岡県

銅製のコーヒーポット

年式不明 左画像 かなり使い込んでます。

修理内容 全てを綺麗にする(中、外 汚れ除去 艶出しと再メッキ)

メンテ後は右画像です。

2016.10.29

銅製品などの修理

事例no.91 千葉県

銅製の茶筒 年式不明 昭和時代

本体は銅製 中蓋は真鍮

修理内容 (2か月)

画像左の状態から 凹みと汚れ取りの作業です。

綺麗になり喜んで頂けました

幼い時からあった 馴染みの品だそうです。

 

2016.10.19

銅製品などの修理

事例no.90 長野県

長野県から修理依頼

年式不明 手のひらサイズ

とても気に入ってる急須だそうです。 最初に富山県 高岡市へ問い合わせたそうですが

新潟燕市を進められたそうで お問い合わせ頂きました。

右側が届いた時 材質も分からない状態…そもそも金属 土器?

希望内容は中の汚れ除去 持ち手 弦がありません…

弦は無いので 作る事に オリジナル手作りで製作(勝手にデザインします)

金属板はチープなので 適度な厚みを出しました。フタのツマミ 鈴細工も付け直し

内部の汚れもとり(長期間の手作業 繊細な肉体労働 的な) 結果 材質は銅が判明。

左画像で完了。 外観の汚れはご自身でチャレンジするそうです。

 

2016.9.21

銅製品などの修理

事例no.89 新潟県

年式不明 引き継いで3代目以上 子供の頃からそばに 古すぎて知らないそうです。

修理内容 注ぎ口のとりつけ

地元の隣町 三条市から持ち込み頂きました

色が変わってしまいましたが 自然に馴染んでいきます。

2016.9.15

銅製品などの修理

事例no.88 神奈川県

年式不明 約30cm しゃぶしゃぶ鍋

修理内容 鍋底が熱疲労により破損 右の画像

飲食店で使用されています 毎日使うので状態は綺麗です

ガス火を受ける部分は一番負荷がかかる部分で強度が落ちて弱くなります

外れた火受けは薄くなり 再度取り付けても その場しのぎで 直ぐに壊れる予定。

同じ形状の物を新たに取り付ける方法しかありませんが 廃盤で部品がありません

採寸して 部品を作り取り付けました。

何度か同じ修理を他でしたようでした 今後の事も考慮して破損した銅板の5倍の厚み

取り付けました。

業務用サイズ 銅製しゃぶ鍋 受注後の生産をします お問い合わせください。