新潟県燕市 オリジナル金属製品の製造及び製造販売/プレス機械による部品製造、容器製造

TEL
0256-92-5392
FAX
0256-92-7007
橋本金属オンラインショップ

HASHIKIN BLOG 橋本金属ブログ

2017.9.13

銅製品などの修理

事例 no.112 東京都

受け取りの状態が左側 金属の材質がわからない程の年代物でした

希望内容は全体のクリーニング再生

完了は右側の状態

珍しい真鍮のやかんでした

想定していたものより 綺麗になったと喜んで頂きました

とても大切な形見の品でした。

2017.8.2

銅製品などの修理

事例 no.111 北海道

20cmくらい お鍋と水差し

全体のクリーニング再生です

 

もともと状態が良く 綺麗になりました。

2017.6.8

銅製品などの修理

事例 no.110 北海道

画像左

クリーニングと各部のチェック

フタのツマミは何処へ?

持ち手も破損していたので安全の為に交換しました。

汚れ取り、艶出しなど。この先も まだまだ使えるヤカンとなりました。とても喜んでいただけました

2017.4.17

銅製品などの修理

事例 no.109 埼玉県

銅製らしき薬缶との事で工場へ直接 埼玉県から訪問していただきました。

お話を伺いました

私の父(90歳)が新潟県内に住んでいます。
先日 実家へ帰った時に、これだけはどうしても捨てられなかったと、父の母親がお嫁に来たときに持参したという「やかん」を納戸からとりだしてきました。

風呂敷に包まれていましたが真っ黒でした。実用品でもなく美術品でもないのですが、できれば元気なうちに綺麗な形にして見せてあげたいと思うのですが、可能でしょうか?

そして、 現物で状態を拝見しました
黒すぎて 材質も分からず 薬缶の底に穴も開いていました。

直接、持ち込みしてもらえましたので  徹底的に何度も打ち合わせをしました。

もしも、できるなら見た目以外にも実際に薬缶として使えると父も喜ぶと思います
喜んだ顔が見たいとの希望でした。

薬缶の穴も埋めて湯を沸かせるように
また、当時の状態へ戻すようにクリーニングを施しました。
黒くてまったく 分かりませんでしたが
真鍮と銅で作られた薬缶で、表面は飾り模様 手作業の彫金も浮き出てきました。

半年くらい お預かりさせて頂きましたが

一番は気持ちに応える事が出来たのでなにより☆

2017.3.3

銅製品などの修理

事例 no.108 北海道

事例83の追加で新たなポットを依頼されました

修理後の画像 内部をクリーニング。

喫茶店で35年間 使用されているそうです