新潟県燕市 オリジナル金属製品の製造及び製造販売/プレス機械による部品製造、容器製造

TEL
0256-92-5392
FAX
0256-92-7007

HASHIKIN BLOG 橋本金属ブログ

2017.9.30

銅製品などの修理

事例 no.114 神奈川県

受け取りは左側の画像 使用年数50年くらい これを譲り受けたそうです

希望内容はこれからも使い続ける為 メンテ、クリーニング再生です。

完了は右の画像

 

最後に頂いた言葉です
『なんでも使い捨ての感覚が当たり前になってしまった昨今、物を大事に使おうとしても、
素人では修理が出来ず、またプロに頼もうともなかなか依頼先を見つけられません。
そんな中、丁寧で高い技術をお持ちの職人の方にお願いさせて頂く事が出来て、本当に幸せでした。』

 

特別な技術と言うよりも たくさんの積み重ね 引き受けたからには気持に応えたい
途中で投げ出さない 周りの職人さんは自分でプロとは言いません。困難を楽しんでいるように見えます。

工場の繁忙期の為 実際は6カ月お待ち頂きました

本業は製品や部品の製造業の為
空き時間で作業対応させて頂いております

修理専門ではありませんので ご了承ください。

2017.9.28

銅製品などの修理

事例 no.113 神奈川県

お預かりした時は画像の左側

業務用 洋菓子作りに使用されているそうです。

希望内容は水漏れ 持ち手の付け根、内側が黒くなっている部分

右側が修理後の画像 水漏れ直りました。

伺ったところフランス製 Mauviel ビックリな高級品でした

国産では金属が薄くて 耐久性に欠ける すぐに破損してしまうそうで

直径20cmで重さは3㎏ 素材の厚さは4ミリくらい・・なので 納得。

長年使用されているようです とても綺麗な状態でした

銅製品は扱いが難しいと聞く事があります

細かい事は気にしないで 毎日使うことが綺麗にたもつ秘訣です(最低限の洗う、拭き取るは必要です)

 

2017.9.13

銅製品などの修理

事例 no.112 東京都

受け取りの状態が左側 金属の材質がわからない程の年代物でした

希望内容は全体のクリーニング再生

完了は右側の状態

珍しい真鍮のやかんでした

想定していたものより 綺麗になったと喜んで頂きました

とても大切な形見の品でした。

2017.8.2

銅製品などの修理

事例 no.111 北海道

20cmくらい お鍋と水差し

全体のクリーニング再生です

 

もともと状態が良く 綺麗になりました。

2017.6.8

銅製品などの修理

事例 no.110 北海道

画像左

クリーニングと各部のチェック

フタのツマミは何処へ?

持ち手も破損していたので安全の為に交換しました。

汚れ取り、艶出しなど。この先も まだまだ使えるヤカンとなりました。とても喜んでいただけました